審美歯科

インプラントとは?

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、 また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作る事ができます。

入れ歯ではどうしても満足することが難しかった「食べる」「話す」こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

インプラントケーススタディ(治療症例)

現代の歯科治療の進歩によりこのような治療が可能になりました。荒木歯科医院では最先端の治療を行ってます。 ※すべての方にこのような治療が出来るとは限りません。

ケーススタディ1:抜歯後、骨を再生しインプラントを埋入した症例

ケーススタディ2:歯周病で骨が溶けてしまった患者様

抜歯後、骨を再生しインプラントを埋入した症例

ケーススタディ3:先天的に1本歯がない患者様

インプラントを埋入した症例

インプラントQ&A

お知らせ

休診日カレンダー

休診日カレンダー

優・井上歯科

IMPLANT WALKER