審美歯科

顎関節症(がくかんせつしょうとは)

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、口が大きく開かない(開口不全)。
口を大きく開くと耳の前あたりの顎の関節に痛みを感じる(顎関節の痛み)。
口を開ける時、音がする。などを主な症状とする病気です(顎関節の雑音)。
関連して頻繁に起こる頭痛、慢性の肩こり、目の奥の痛み、背中の痛みなども起こる事があります。

原因は1つだけとは限りません、いくつかの原因が重なっているケースが多いのですが、 当医院ではそれらの原因を見つけ出し、原因を取り除く噛み合わせの治療により 、上記の症状が改善されたケースもございます。

・顎関節症は、精神的な要素(ストレスや不安など)が深く関係している場合も多く、 必ずしも、咬合の治療だけで症状が改善するとは限りませんし、顎関節自体が変性しているときは、症状の緩和が見られないこともあります。
また他の疾患から、顎関節症に似た症状が発生しているケースもあります。

顎関節症治療は非常に解明が難しく、あらゆる原因の可能性を想定して、診断、治療をしていかなければなりません。

噛み合わせが悪いと、上記のように体調不良や全身疾患を同時に引き起こす非常に難解な病気です。
心当たりのある方は、当医院へお気軽にご来院・ご相談ください。

お知らせ

休診日カレンダー

休診日カレンダー

優・井上歯科

IMPLANT WALKER